糖質制限で血糖値上昇を防ぐ|ライスorパンの選択は一度捨てよう

Beauty and Food

青魚のパワー

近年話題の栄養素にDHAとEPAがあります。

DHAの正式名はドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸と言い、人間の体内で作ることができない栄養素なので外から補う必要があります。 DHAやEPAはサバやイワシ、アジ、ブリ、サンマ、カツオ、マグロなどの青魚や鰻、鮭、筋子、いくら、あん肝などの脂に含まれている栄養成分です。 昔の日本人は魚を食べる習慣があり自然とDHAやEPAを補給できていましたが、近年は食の欧米化が進み、魚類よりも肉類を好んで食する人が増えたことで体内で常にDHAとEPA不足の状態になっている人が増えています。 DHAやEPAが不足するとどのようなことになるのかというと、視力の低下、脳機能の低下、動脈硬化、心筋梗塞、高血圧、高脂血症、糖尿病、脳梗塞など様々な疾患を引き起こします。

このような疾患にかからないためにも積極的に補う必要があるのです。

それではどれくらい青魚を食べれば良いのかというと、1日のDHAやEPAの最低摂取量が1gとなっていますので、青魚を100g食べれば摂取できると言われています。 しかし毎日魚は食べられないという人や魚が苦手という人も少なくはなく、そのような人たちにはサプリメントでの補給をオススメします。 DHAやEPAの健康効果が注目されるようになって、サプリメントの数も増えてきたことで以前より手頃な価格で利用できるようになっています。 サプリメントで摂取した場合、だいたい1日30円〜100円くらいがDHAやEPAサプリメントの相場になりますので、青魚などの食品からよりも安く効率よく摂取出来ますのでお財布にも優しい方法です。